つくつくにっし

花より男子の二次小説です。司×つくです。他のカップリングも送り出します。クスッ、ウフッと、とにかく心が元気に。をモットーに書いていきます。あくまでも勝手な妄想の世界ですのでご了承ください

初恋と嫉妬 15

睨み合う男たちが数名。


この街並みには不相応な黒服の集団。


大通りから少し住宅街に入った所にある。


その中に一人だけカジュアルな服装に身を包んでいる。ずば抜けて顔立ちが整っている上に、醸し出す雰囲気が周りを圧倒し、威圧している。

これを人はオーラと云うのだろう。


エントランスホールの前にその美しき訪問者が訪れると、このマンションの所有者の社員兼警護者は主を護るべく、その圧倒的なエネルギーの放射を受けても尚、その魔力的な力と対峙しようとしていた。


ほんの少し前までは彼等の主だったお人である。


「山崎。そこを退けろ…」


すでに目が完全に獲物を狩るハンターのようになっている。


恐らく本気で殺しにかかってくるような殺気を体から放出している。


山崎も最初は司がここまでとなるとは半信半疑だった。

以前の主が本気になっている。

気を抜けば、一瞬で仕留める気でおられる。


「司様、牧野様は体調が優れないのです。明日からは、当社の新たな倉庫物件の偵察に地方へ向かわないとなりません。ゆっくりとした休養が必要なのです。ご理解ください」


対峙している山崎も本気で迎え撃つつもりだと察知した斎藤は、

「司様、ここで本気で殺し合いをなさるおつもりではないですよね?牧野様がお知りになったら、悲しみますよ?」

「斎藤!こいつらとグルになってるのか?!」

完全に目が怒りでギラギラと燃えている。

司は目の前にいる山崎らから目を離さぬように、少し後ろに控えているSPの斎藤に、地を這うような低いで訊ねる。


「司様…。牧野様のマンションに向かう旨をこちらの山崎さんに伝えたまでです。何を仰っておられるのですか?」

フッと嘲笑すると、

「お前ら全員、俺がここから立ち去るようにとしか話をしてねーだろ?」


その言葉に斎藤が、

「邸を出るときもお話しました通り、牧野様は体調が優れないとのこと。それに司様は後1時間後にはまた離島への視察が入っております」

「ほぉー、斎藤?邸で頭突きを食らわせても尚、目が覚めねぇか?」


SPの斎藤は主の後ろ姿に向かって頭を下げ続けている。

すると今度は新人SPの真壁に聞いた。

「お前らは驚いているみてーだな?邸で斎藤が俺に意見したときから瞳孔の開きが何時もと違うぞ」


新人のSPたちは実際に何が何だかわからない状態が続いている。


この平和な日本の住宅街で彼女に会いに来ている青年。

それと、それを阻止しようとしている先輩SP。

その双方から物凄い殺気が辺りを包み始めている。

野次馬が皆、影から様子を伺い始めているのが分かる。


「司様、野次馬が集まって来ております…」


その言葉に、司は殺気を少しづつ押さえているようだった。


「お前ら。どっちにしてほしい?俺が大声で牧野を呼ぶか、また一暴れさせるか?」

自分で聞いときながら返事を待たずに、


スーと息を吸い込んで、マンションに向かって叫んだ。


「おい!!牧野!!いるんだろ!!顔を見せろ!!!」


暫くしてもつくしは顔を出さない。


もう一度叫ぶ。


と、後から、


「あらあら、道明寺さん?どうしたんですか?こんな寒空で?あらま?もしかして、愛の告白?イヤ~ン。こっちが照れますって」


そう言いながら、殺気を知ってか知らずか掻き分けて司の隣に立ち、腕を組んだ。


すると、マンションの5階の窓が開いて、つくしか慌てて顔を出しながら、


「道明寺ーー!!あたしはここだよーー!!

山崎さーーん!あたしは出れますからーー!!って、あれれ?!ママ?何で道明寺と腕を組んでんの?ちょっ、ちょっと…」


マンションの上階から目を丸くしたつくしが抗議の声を上げている。


「さっ、道明寺さん、中に入って」

母の千恵子はつくしと同様に上目遣いで道明寺を見た。


ぐはっ?!


一瞬仰け反る司。


その後で大笑いした。


「お母さん、ありがとうございます」


千恵子 は、

「一度、娘の彼氏と腕を組みたかったのよ。フフフっ」


そう言って、周りのSPたちの驚く姿を尻目にマンションの中に入って行った。















その頃道明寺邸では、


「司、中に入れてもらったかな?」

類がボソッと呟く。


携帯電話の部品の製造の仲介役として関わっているあきらは、生産台数の拡大のために一度中国に急遽飛んでいる。今日の夜にはまた日本を離れてマレーシアに向かう予定だ。


「なぁ?今日の束の間の休日だけど、スゲー疲れがドッと出たのは俺だけか?」

あきらは頭を抱えている。

「イヤ…。にしてもここのお宅のゴタゴタは相変わらずスケールがでかくなっている気がするゼよ…」

総二郎が子供を抱いている親友の姉を見る。

「司もずっと地方の僻地をまわっているんでしょ?」

類が訊ねる。

「電波が入らない所がまだ沢山あるでしょ?

山とか離島とか。そうゆう所に一刻も早く基地局の創設を促すために出向いているのよ。

総務省だけに任せておくと時間が掛かるからって」

子供をあやしながら質問に答える椿。


「司は完全にさっきの会話で不信感が確信に変わったみたいだったね」

「携帯電話が通じなくて、イライラして壊しそうになるのを止めなかったってことか?」

うん。類は頷く。

「2度目に壊そうとしたところで万が一のことを考えてとストラップを外させて、持ってきたジュエリーケースに入れさせたんだよね。その後は案の定、司は携帯電話を壊してくれた」

「アイツがいつもすることだ」

あきらの返しにまた頷く類。

「でも、戻ってきたのに新しい携帯電話を渡してない。いくらここに数時間しか滞在しないとしてもだよ。あきらが会社に電話を入れて、仕事の話でという名目でここに繋げて貰ったんでしょ?」

「だな…。滋が俺にどうしても司と連絡を取ってくれって言われなきゃ、繋がらない所にいるんだな。で終わるもんな…」


「ねぇちゃん、まさかとは思うけど、叔母さんが牧野を排除しようとしている訳ではないよね?急に騒がれ始めているけど、別に悪く言っている訳ではないし、司が出ていくときに西田さんを"裏切り者が"って言っていたけど」

「る、類?!そんなに私を睨まないでよね…。私も何にも知らないのよ?だけどね…」

口を濁す椿。


「何だよ?ねえちゃんらしくねぇゼよ…」

総二郎が呟く。


「そうだよね…。私は出来れば司とつくしちゃんが結ばれて欲しいもんね。そうだよね…。うん、うん」

自問自答しながら、

「絶対に他言無用よ…。特に司には。お母様の態度がおかしいと思っていろいろと調べたのよ…。それが原因かどうかはわからないんだけどね…」



コソコソ



ゴニョゴニョ



コソコソ



ゴニョゴニョ




「「「マジか?!!」」」





美しき3人の男たちは顔を見合わせる。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。