つくつくにっし

花より男子の二次小説です。司×つくです。他のカップリングも送り出します。クスッ、ウフッと、とにかく心が元気に。をモットーに書いていきます。あくまでも勝手な妄想の世界ですのでご了承ください

悪友と親友 6

「司様、先程美作様の秘書の方より、試作品段階でありますが総務省より使用許可がここ2日ほどで下りるとの連絡が入りました」


「やっぱ、言ってみるもんだな」

なぁ、そう言うとご機嫌なのか鼻歌を始めた。

「こう思うように事が運ぶと恐いくらいだぜ。

西田、こっちでしなくちゃなんねー仕事はあとどれくらいあるんだ。詰め込んでいいから予定より1日早めろよ」


かしこまりました。

西田は頭を下げて主の部屋を出た。


西田はそのまま秘書課の奥にある室長室には戻らず、一つ上階のフロアに来ている。

扉をノックする。扉には"社長室"の文字。

トントン

「どうぞ」

扉の向こうで声がする。

「失礼します」

声を発した後部屋に足を踏み入れると深々とお辞儀をした。

「社長の計らいで首尾よく準備が整いました」

「そう、それはよかった。ではその見返りとして司にはこちらの用件も飲んで貰わないといけないわね」

「……。司様が素直に承諾するとは思えません」

「でしょうね。だけど、あの子が頼めばどうかしらね?私が言っても聞く耳持たずともあの子が言うことなら聞かざるを得ないでしょ」

「……」

「…楽しみだわ」

西田は自身の主である男の上司であり母親の道明寺楓がゆっくりと微笑むのを見た。


悪いお方だ…。


西田は失礼しましたと頭を下げ社長室を後にした。













総二郎とあきらがニヤニヤしながらダイニングテーブルにやって来た。

「つくしちゃん、元気になるアイテムを授けようではないか」

「牧野、司に会えなくて寂しかっただろ?」

「なっ、そんなわけない…」

「「またまた~」」

「声を揃えるなー!!!」



「で、コレ何?」

「見ての通り」

「あたし、持ってるよ。アイツがあたしに無理矢理渡したのをさ」

「知ってる」

あきらは受け取り拒否は無し。半強制って言って真新しい携帯電話をつくしに手渡した。

「半強制って…。半分は自身の意志ってことになるということだよね…」

「そうゆうことだな」



あたしにはレッドのメタリックカラー。

「これは滋の」とゴールド。

「これは桜子」とシルバー。

「で、これが優紀ちゃん」と言ってピンクの携帯電話を手渡している。

総二郎は黒色の携帯をヒラヒラさせている。

「色は事前に聞いていたのにしたから」

「えっ?あたしには誰も聞いてないよ」


道明寺がお揃いにしたいって。だってさ!!


あたしには選択の余地も無いんかい!!


はぁ~。

「まさか、優紀まで知っていたとは…」

「知らない。知らない」

首と手を大きくブンブン振り目を見開いている。

「この前、もし新しい携帯電話を持つとしたらどの色がいいって聞いたことあったろ?」

総二郎はしれっと答えてる。

「あたしも今日貰えるなんて思ってみなかった~」と滋さん。

「私もですわよ」と桜子。

類はちょっと疲れた眠いと言ってソファーに横になり始めた。

トホホ…


滋と桜子が携帯電話を弄り始めた。

「これ、ポケベルの文字を送る機能が着いてるの?最新型?まだ、発売してないよね?!」

「そうまだ販売開始してない」

スゴーイ。ハイテク時代の幕開けだねって。

そこ?

「そう、パソコンにも文字を送れるから何時でもどこでも相手に想いを届けられるって訳」

良かったな牧野って、 何でー!!!

「牧野さ、仕事のパソコンで絶対私用のメールを送らないんだろ」

「当たり前だよね…」

まぁ、そうだけどって笑ってる。

「電話もしないだろ?」

「それは、時間のズレがあるし、あっちが何してるか分かんないし…」

「あと、国際電話は料金が高いから電話してない?とかだろ?」

うぐっ、変な音が出ちゃったよ。

「図星か」

「……」

「それでだ、遠く離れている恋人たちに送るラブレターの手助けをしたって訳。

牧野は充電も儘ならないだろ?電源オフもよくあるし。なぁ」

どうよ?って顔をされても美作さん…。

「言っておくけど、もうメールもやり取りできる。前の携帯電話の使用は止めてこっちに移行してある。だから番号の変更もない。

因みにメールの代金は送信している間の料金だから、当然通話よりお徳だ」

あたしに何か言い聞かせてるみたい。

「だ、代金は?」

「司がどうしても早く使って欲しいってことで、問題なし。心配すんな」

うへっ、また、変な音が出たよ…。


F4はこれをプライベート用にするらしい。

滋のも秘書に連絡済みだから心配ないぞと美作さん。

滋はその言葉を聞いて頷く。

桜子は携帯電話を持って、類のいるソファーへと移動してる。


「優紀ちゃんには悪いけど、牧野のメールの相手になってもらいたい為なんだ」

勿論、うちの秘書が優紀ちゃんの親御さんに事前に会って来たからと優紀に謝っている。

「あっ、あたしのパパやママにも話してからにしてあるんでしょうね?!」

「あっ、忘れてた…。悪い、今秘書に向かわせる。司には言ってある」



な、なんですとー!!!



はぁ~、先程のセンチメンタルな気分よ、一体何処に行った?



優紀はつくしにそっと耳打ちをした。

「つくし、今何かさ」

「うん」

「少し、イラッとしてる」

「つくしの今までの苦労がハッキリとわかるわ」

「でしょ!!」

二人は顔を合わせて苦笑いをした。











いい仲間ですな~。


って、あんたたち、ホントにそう思ってる?


それにしても、ヤバいものでなくて良かったよ(*´∀`*)ホッ

イヤイヤ、やってること十分ヤバいって

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。