つくつくにっし

花より男子の二次小説です。司×つくです。他のカップリングも送り出します。クスッ、ウフッと、とにかく心が元気に。をモットーに書いていきます。あくまでも勝手な妄想の世界ですのでご了承ください

悪友と親友 8

「 …先輩、先輩」

桜子、また泣いているの?

やっぱり情緒不安定だよ…。

以前の桜子ならこんなにならないもんね。


あれ、あぁ、あたしか。

ゴメン。

あたしがこんなにボロボロ泣いているからか。

不安定な心を移しちゃったね。

飲み過ぎちゃったのかな~?

今日はホントにどうかしてる。

F3にまでこんな姿を見られるなんて、ホントにイヤだ。

女の子同士でもあたしはこんな姿を見られることに抵抗があるのに。


バカ!

アホ!

道明寺!!


あたしがこんなになったのもアンタのせいだからね。


どうすんの?


男がいないとダメなオンナになっちゃうよ…。


強いオンナでいられなくなる…。


ひとりでも生きて行けるって豪語していた時って、どんなだったか忘れちゃった。


アンタが好きでいてくれた牧野つくしはもういなくなっちゃったよ…。



ピロピロピロリン


誰かにメールが届いたみたい。


ピロピロピロリン


まただ。


優紀が携帯を持って来る。

「つくし、つくしの携帯に来てるよ!」


誰がメール送ってくるの?


つくしは携帯の画面を見て目を見開いた。


『みんな、集まってるのか?楽しいか?

あんまり飲みすぎてないだろうな?』


次のメールには


『俺は、お前に逢えればそれでいい。いい子にして待ってろよ』


完全に涙腺が崩壊した。


F3がこの場所にいることなんて完全に頭からぶっ飛んだ。


優紀と滋さんが泣きながらもあたしの背中を擦ってくれてる。

桜子は泣きすぎて顔を見せられないと言い、

洗面所に行ったきり帰ってこない。


感情を出し切ると何だか気持ちいい。

暫く泣いたら落ち着いてきた。


ピンポーン


チャイムが鳴ったから。

何も考えずに玄関に来た。

インターホン越しに確認するようなマンションにはまだ正直馴れてない。

ドアを開ける。



少し甘酸っぱいコロンの香りがする。

特徴的な髪型の男が目の前に立っている。

「よう。お前が来いって言うから来てやったぞ」

男の微笑んだ顔が見えた。


その瞬間、視界が暗くなって。

脚から力が抜けた。










髪を撫でられている。

時々指に絡めているのか少し引っ張られる。


額も撫でられている。

気持ちいい。

鼻筋をたどり、唇をゆっくりと指でなぞられる。

チュッ。

チュッ。

チュッ。

誰かキスした?


あれ、何だろう?

この枕ちょっとだけゴツゴツしてない?

生地はスベスベで手触りはとってもいい。

ナデナデ。


んっ?

んっ?


「あんまり、撫でんなよ。反応すんだろ」

少し低めの声が耳元で囁く。

「後でゆっくりな…」


んんっっ?!!

勢いよく顔を上げた。


「痛ってー、お前なー、急に顔を上げんなよな」

顎を擦っててるこの男。

道明寺?

何で?


そのまますくっとその場に立ち上がって、

バンバン両手で思いっきり自分の頬を叩く。


「いったぁー」

めっちゃ痛いんですけど。


「お前なー、涙で目は腫れてるわ、鼻は赤いわの上に頬まで赤く腫らしてどうすんだよ」

ホントにおもしれーなと言ってゲラゲラ笑っている。


テレビの中で見た男と違う。あんな清ました笑いかたなんかしない。



22歳の等身大の男。

あたしの知っている道明寺司がここにいる。









やっと逢えました(*´∀`*)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。