つくつくにっし

花より男子の二次小説です。司×つくです。他のカップリングも送り出します。クスッ、ウフッと、とにかく心が元気に。をモットーに書いていきます。あくまでも勝手な妄想の世界ですのでご了承ください

悪友と親友 9

リビングをぐるっと見渡す。

みんながニコニコして笑っている。

今日夕方から友人たちが久しぶりに集まっていた。

うん、あたしの知っている光景だ。

で、横を見る。

「お化けでも見ているような顔してんじゃねーよ」

「ほ、本物ですか?」

驚いたか?って、言いながらチュッチュッと頬と唇にキスをしてきた。

すかさず横に飛び退いた。


ぬぉぉぉー、油断してた!!


「な、な、何すんの?ひ、人前で」

「お帰りの挨拶だろうが」

口をパクパクさせるつくし。

「わかった。わかった。コイツらが帰ってからゆっくりとな。という理由だ、お前らさっさと帰れ、帰れ」

「へっ?はっ?いい!いいの。みんなここにいて。明日は日曜日だからさ。みんなゆーっくりとしていって!」


類がクスクス笑いながら、目覚めたばかりの牧野に司から話をしてあげなねって、ウインクしてる。

おぅ、と司から

「いいか、牧野よーく聞けよ。たった今アメリカから帰ってきた。週明けからこっちで勤務」

「はっ?」

「それと、学生だとかグダグダ言って逃げようったって今後は一切認めらんねー」

「ひぃ!」

「俺の誕生日に婚約発表。お前が大学卒業してその年の7月の吉日に結婚式」

「ふぇぇ…」

「概ね招待する人々にはスケジュールの調整をお願いしてある」

「へぇー」

「ほぉぉ、お前余裕だな。次は"ほっ"とでも言うつもりだったか?」


バレた?って、小さく舌を出した

「俺が代わりに言ったから別の言葉にしろ」



「…お帰り、お帰り道明寺…。スッゴく頭の中がごちゃついてるよ!」


言い終わった瞬間、アイツの香りに全身がすっぽりと包まれた。







「あたし、何だか大人になってるかも…」

「あっ、そりゃお前カラダは立派に大人に……って、いってぇーなー、頭を殴るな。彼氏の頭をポカすか殴る奴がいるか!」

「アンタがいちいちイヤらしいこと言うからでしょ!」

ニヤニヤしながら、

「お前にこそ、すぐにイヤらしい発想になるんだな。俺は当然二十歳越えたっていう意味で言ってんの」

「はっ!なっ!何で、もう…」

「で、何が大人だって?」

笑いを堪えながら聞いてくる。

顔を真っ赤にしながら、

「お、お酒がね。お酒に強くなったかもって」

「……。お前、まさかこれ酒だと思って飲んでたのか?」

「えっ、違うの?カクテルって、類が言ってたもん」

「三条だって同じもの飲んでいるだろうが」

「あたしのは入っているかと思ってた…」


違うの?

えー、だってスッゴく心がハイになったりローになったり酷かった気がする…。


何?なに?あたし、後半シラフであんなだったってこと。


もしかして、みんなこれにアルコールは入ってないって知っているの?

「まぁ、牧野カクテルは酒と何かを割ったものという概ねの概念はあるけど、香り付け程度のものもそう呼んでいることもあるんだな~」

と美作さん。

つくしは慌てて口を押さえた。

また、大きな独り言を話してしまったとか!

「……。ふ、ふははは」

乾いた笑いしか出てこない。


穴が欲しい。

ここに今すぐ穴を作っておくれ!!!


「美作さん、これってほんの香り付けにラム酒が数滴入っているんですわね」

「そっ、ケーキの香り付け程度だから桜子大丈夫だぞ。牧野、実はこのカクテルちゃーんと名前があんの」

「な、何ていうの?」

"乙女の祈り"

なっ。

今日の牧野と桜子にピッタリだろ?って美作さん、ホントに~?!

西門さん腹抱えて笑ってるし、道明寺は何か照れて頬をポリポリしてるけど!


類が桜子のお腹に耳を当てて『あうん。そうだよ…』小声で何か言っている。

「面白い人でしょ。将来キミのお友達のお母さんになる人だよ」

桜子の腹に話しかけている。

「る、類~、それはまだ早いって…」

「でも遅かれ早かれ学年は違えど幼なじみにはなるでしょ」

「おっ、類、お前いいこと言うな~。よし、んじゃお前ら帰れって、いってぇーなー、いちいち殴るんじゃねー」

つくしが会心の一撃をお見舞いしたとこで、

「お前ら、それより、さっきからおかしいとか。そりゃマズイだろとか感じないのか?」

あきらがみんなをぐるっと見ながら言った。みんながキョトンと、あきらを見る。


何が?

道明寺がここにいること?

テレビに映っているのはほぼ録画で編集後のだよ~。


「アホか、牧野。それくらい知ってるわ!

類だよ。類。桜子の腹に話しかけて…普通なら殴られるぞ」

「うーん、ダメなの?」

と類。

「いやいや、ダメだろ!」

「あっー、あきらきゅん。もしかしてあきらきゅんもしたいとか言うんじゃないれしょうね」

少し呂律が廻らなくなった滋が詰め寄る。

「絶対、ダメらからね!」

「分かったって、どうしたよ?飲み過ぎたか?何で類は良くて。おかしいだろ?」

あきらのその言葉に総二郎は苦笑い。

「類さんは特別なんですよ」

と桜子。

あきらくんは絶対にダメと滋さん。

自分でマダムキラーって名乗ってた人だよって。

桜子もそれを受けて

「そうですね。美作さんは絶対にダメです」

「優紀ちゃん、おかしいと思わないか?」

優紀に振ると、

「いえ、わたしもそう思ってます」


みんなが腹を抱えて大笑いしている。


「ねえ、道明寺、これって夢じゃないよね…」

「どうしたよ」

「みんな、あたしと桜子以外は学生終わっているんだよ。まあ、あたしもちょっとは働いているけどさ。こんなに学生の時みたいにはしゃいでさ…」

隣を見る。

今日のこの会が始まった時にこんな光景想像できた?

出来てたらあんなになんないもんね。

そっと道明寺があたしの肩を抱く。


あたしの一生の宝物が今この場所に集まっているんだ。





「ねぇ、ママあのさ高校や大学で出会った友達は一生の友になるっていうでしょ。あたし、全然友達出来なかったね」

「何言ってんの。あんなにいるじゃない」

「えっー、そう?飲みに行ったり、ランチに行ったりさ。他の子なんていろんな人といっぱいで集まってるしさ」

「本当の友達なんて大人になれば、4、5人いればいい方。そりゃさ、何かの会とかの人たちと飲んだりっていうのはあるとは思うよ。

だけど、人の心配を本当に親身になってくれる友達なんて結局何人もいないもんだよ。

つくしはいるでしょ。すごく親身に悩んでくれる友達がさ。ママに感謝しなさいよ~」

「そうなのかな~」

「英徳に入ってなければあんなハイスペックな友達持てないわよー」

「確かにそうだね。スペックが人より高すぎるしね」

「ママは結局学生の時の友達で今も交流があるのは和也くんのママだけだよ」


ママとの会話を思い出す。




んんっっ?!!和也くん…?



ピンボーン


ピンポーン









誰でしょね(*^ー^)ノ♪

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。