つくつくにっし

花より男子の二次小説です。司×つくです。他のカップリングも送り出します。クスッ、ウフッと、とにかく心が元気に。をモットーに書いていきます。あくまでも勝手な妄想の世界ですのでご了承ください

彼女と仕事 13

つくしは道明寺ホールディングの正面玄関口に立っている。

先程車から降りるときに自身の頬を叩き、

"私は株式会社DooT(ドット)の社長"

"私は株式会社DooTの社長"

と繰り返し呟き、自身をそのように変貌させるために言い聞かせていた。

以前に楓が言ってた言葉をつくしなりに実践しようとしているのだ。


"Don't fake it till you make it."

"Fake it till you become it"

本物になるまでそのフリを続けなさい。完璧に成りきれるように。そしてそれがいつしか己のものとして身に付くのですと。


「よし!」

気合いを入れる。

守衛の森田さん、川島さんに会釈をする。

ここに何度か足を運ぶうちに会話するようになったのだ。

「こんにちは。宜しくお願いします」

森田、川島はニコニコ微笑んだ。

「今日は大事な仕事ですか?いやに気合いが入っていますね?」

「はい。私の今後の立ち位置をも決定付けされかねない大事な仕事です。行って参ります」

再度つくしは二人に会釈して、道明寺ホールディングスの社内に足を踏み入れた。



広いエントランス。

床は鏡のように磨き上げられており、壁には

畳三畳ほどの大きな絵画が飾られている。

つくしは真っ直ぐに受付へと足を運んだ。

「おはようございます。株式会社ドットの牧野です。支社長の道明寺さんにお会いしたいのですが」

軽く会釈をして微笑み掛ける。

受付嬢が、会釈を返して、

「牧野様ですね。受けたまっております。奥の役員用のエレベーターをご利用下さい」

そう良い終えると司の第二秘書の東野が役員エレベーターから降りてこちらにやって来た。


はあぁー、第一関門突破しました。


少し前までなら受付で揉めてた事あったからなー。


あたしも大人になったもんだ。


つくしは東野に軽く会釈をして

「おはようございます。すみません。遅くなりました」

「とんでもありませんお身体は大丈夫ですか?」


そう話しているうちにエレベーターの扉が開いた。

東野はつくしをエレベータ内へと誘導する。


なぬっ?!!

これってどっちの意味で言ったの?!!

と、とりあえず、

「こほっ、こほっ、少し寒くなりましたものね?今は大丈夫ですよ」

はあぁー、またこんな小細工させてー!

道明寺めー!!

「私が今朝、牧野様の会社に出向いたんですよ。西田室長から牧野様が体調が優れないのでそちらに向かうようにと連絡が朝一番にあったのです」

「そ、そうだったのですね。お手数お掛けしました」

「とんでもありません。牧野様の存在が我々をも救う事に繋がるのですから。お身体を大事にしてください」


あはははははは。

大事にねー?


大事にします。

これからはキチンと管理します。

スミマセン。


エレベーターが会議室のある階に到着した。

降りると大きなガラス一面から太陽の光が降り注ぎ無機質な周囲を暖かい空間へと導いている。


広い廊下を歩く。

幾つかの会議室がある。

一番フロアの広い会議室へと向かう。


会議室の前に立つ。

重厚な扉の為なのか中から何の音も漏れてこない。

「穏やかに進行しているんですね…?」

つくしの言葉に秘書の東野は苦笑した。

「いえ、先程迄は司様の怒号が響いておりました」

そういうと東野は無線機に向かって到着の知らせをした。


や、やっぱり…。

でも今は落ち着いて来たってこと?

今がチャンスってことね?


扉が開けられる。

東野はつくしの後ろに控えている。

つくしは扉を開けてくれた楓の秘書に隠れるようにして中に入る。

秘書の背中から顔をひょこっと出すとこっちを驚いた顔で見ている道明寺とバッチリ目が合った。


会議室の幾人もの目が一斉につくしに向けられる。





スーっと息を吸った。








戦闘開始だ。









よし、行くか!!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。