つくつくにっし

花より男子の二次小説です。司×つくです。他のカップリングも送り出します。クスッ、ウフッと、とにかく心が元気に。をモットーに書いていきます。あくまでも勝手な妄想の世界ですのでご了承ください

彼女と仕事 18

気づいたら"仮眠室のベッド"がすぐ後ろにある。

「あたし、あっちに行ってるからゆっくりと休んで」

道明寺の脇を大きく避けて、小走りで執務室へと向かう。


執務室には大きく重厚なデスクに高性能のチェア。

先程の情事が思い出され、顔が赤くなる。

ブンブンと顔を横に振る。

ヤ、ヤダ、あたしったら何思いだしてんの…。


道明寺、素直に休んだのかな?

後ろを振り返っても姿はない。


ちょっと寂しいような。

あたしの言ったことに素直に従ってくれて、嬉しいような。


夕飯時になったら呼ぼうか。

この会社から出る術を確認しなくちゃだしね。


喉渇いちゃったよ。

変な緊張したせいだからね。

もう少しして、道明寺が寝たらお水取りに行こうか?



「水、飲ませてやろうか?」

声のする方を驚いて見る。


綺麗な彫刻のような肢体を惜しみ無くさらけ出している男がいた。


「な、何してんの?服は?」

「スーツのまま寝ろってか?」

「あっ、でも、なんか着てよ…。目のやり場に困るから…」

「エロいな、お前」

「何言ってんの?ボクサーブリーフ1枚だからね、今。そりゃ困るでしょ…」


今度はつくしが仮眠室に向かおうと足を踏み出す。

リーチの長さが違うから、あっという間に捕まった。


「さっき、言ったろ?鋭気を養わせろって。聞いてなかったのか?」

「ここ、あんたの仕事するとこだよ?」

「あぁ、知ってる。お前さ今、昼の事を思い出してただろ?」

「?!!」

「俺もここに座るたびにお前を思い出すことになるな」


言い終わらないうちにアイツの手がスカートの中に入ってくる。


後ろから羽交い締めに、されている。


身体がジンジンしてくる。


ホント、どうしよう?


自分が怖くなる…

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。