つくつくにっし

花より男子の二次小説です。司×つくです。他のカップリングも送り出します。クスッ、ウフッと、とにかく心が元気に。をモットーに書いていきます。あくまでも勝手な妄想の世界ですのでご了承ください

彼女と仕事 18R

大人な世界のお話です。

苦手な方、未成年者、心の清い方はスパッと次に行って下さいませ。

お話を飛ばしましても内容に支障はきたしません。













スゲー濡れてる。

牧野の横顔を見ると、自分でも凄く濡れている自覚があるのか恥ずかしそうだ。

ショーツの脇から手を入れて蜜を確かめる。

「いつからこんなになったんだ?もしかして、お昼からずっとこうだったのか?」

「ち、違う…」

「ふーん?にしちゃスゲー濡れようだぞ」

わざと音を立てるように軽く叩く。


ピチャッ

ピチャッ


あっ、あっ、はっん、

ふっん。うん、うふん。


「さっきも言ったろ、ここ完全な防音じゃあねーんだよ。声を張り上げるなよ。聞こえんぞ」

わざと耳元でしかも舐めながら言った。


牧野は耳の後ろから首筋を舐められると身体を擦り寄せながら悶える。

声も当然漏れる。


ふっん、う、う、うん…


また耳元でわざと囁く


「だから、聞こえんぞ。いいのか?」


首を横に振りながら身体を悶えさせる牧野。

声を出さないように自分の親指の付け根を噛んでいる。


かわいいな…

ホントに…


「なぁ、牧野…、お前のここさ、こうして触っているとお前イクよな?」

牧野の女芯を押したり摘まんだりしながら聞いてみる。


んっ、んっ、ふううん…


「どうした?イケないのか?指も入れて欲しいのか?」

牧野は首を横に振る。

立っている足がガクガクしてきている。

右指で女芯を撫で、左中指を牧野の中に入れる。

濡れすぎててヤバいくらいだ…


「スゲーエロい図だぞ…。きちんと服を着ているのにな…。こんなになってんだもんな…」


スゲー締め付けだな。身体も硬直してきている。


「立ったままイクか?」

牧野は横に首を振る。

「どうしたい?」

この間も指の動きは止めれない…

ゆっくり女芯を撫でる。

「うはぁ、あっ、はあっ、寝か…せ…んっ、寝かせ…って」

「イキたいか?」

今度は縦に首を振る。


いい子だ…


仮眠室に入ると扉を閉めた。

ベッドに寝かせる。

牧野は瞳が潤んでいる。

スカートを履かせたまま、ショーツだけを剥ぎ取る。

巻きスカートを捲ると卑猥な茂みが見える。


「エロい格好だぞ…スカートの中身が丸見えだ。お前、本当にエロいのな?びしょびしょだぞ…分かるだろ…」

首筋を舌でなぞる。

勿論、右手は止めない…

「あっ、あつい…、どう…みょ…じ、あっ、あつい」

牧野の首筋が汗ばんでくる…

牧野の匂いが強くなる…


あっ、はうっ、うっ…

相変わらず、親指噛んでる。


「ここさ…執務室じゃねーから声出せるぞ…

扉閉めておいた…」

牧野が親指を離して抱きついてくる。

抱きつく腕に力が籠る。


うあああっ…はあぁぁっっ


声をあげて身体をしならせる。

身体が弛緩してピクピクと痙攣している。


着ている服を捲り、ブラを押し上げる。

少し固くなっているかわいいピンクの頂を甘噛みすると、また身体を捩りすり寄せてくる。

牧野の右手を俺自身の分身に導く。

少し躊躇ったがボクサーブリーフの上から擦り始めた。

訳がわかんなくなってきたな…。

牧野は瞳がトロンとしている。

「ねぇ。どう、道明寺…おパンツがちょっと濡れてるよ…」

「ずっと我慢してきたからな…。我慢しきれねーの…」

牧野の右手を離してベッドサイドのボードからゴムを取り出す。


「あたし、服着たままだよ…」

ブリーフを脱ぎゴムを付けて牧野に覆い被さる。

「エロいな。お前が俺を犯しているみてーだな…」

そう言いながら牧野の足を開き己の分身を沈み込ませる。

深くに入れて腰を擦り合わせる。

引いては深くに突き挿し、擦り合わせ、また突き挿す。

牧野はこれがお好きなようだ。


はあっっ…あぁぁぁ…


もっと、もっと頂戴っておねだりするみたいに腰をくねらせるから腰をわざと動けないようにホールドする。


今度は上半身をくねらせてくる。


かわいい頂がふるふると揺れる。

腰から右手を離してその頂を摘まんでやる。


はあっ…はぁあぁいやぁ…


身体をくねらせて自分の鉢を押しけてきやがる…


だめだ…

持っていかれる…

牧野に覆い被さりしっかりと抱き締める。

牧野が俺の背中に腕を回してそれに答える。








今日はこれからだ…

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。