つくつくにっし

花より男子の二次小説です。司×つくです。他のカップリングも送り出します。クスッ、ウフッと、とにかく心が元気に。をモットーに書いていきます。あくまでも勝手な妄想の世界ですのでご了承ください

彼女と仕事 24

「おっせーな、このエレベーター」

云うか否やエレベーターに蹴りを入れる男。

「アンタさ!もう少し大人になったと思ったらなによそれ!ちょっと、離して!」

繋がれていた右手を振りほどく。


近くにいるガードマンに愛想笑いをする。


「あー、笑顔が引きつる。心から笑う事が出来ないって良くないからね。心と体に」


エレベーターが開いたと思ったら中に放り込まれた。


「何すんのよ!ばっ……」


う、うふっ、うん…ふぁ…ん…んふ…


エレベーターの奥の壁に押し付けられて、身動き取れない。

体格差がありすぎるのよ。


それに加え、その、あの、道明寺にキスされると頭がボッーっとしてくる。


コヤツ、あたしがこうされると弱いのを知っているから。


唇が食べられたかと思ったら、少し離して軽く啄むようなキスに変わる。

そしてまた食べられる。


うぁ…ふぅん…はぁ~


「エロい声出すなよ」

「?!!」


「いってー、お…まえ…な、鳩尾…狙うんじゃ…ねー」


ふんだ。

こっちが甘い顔すると、すーぐ調子に乗るからお灸を据えるのよ。


あたしの腕の位置が丁度、鳩尾にフィットすんのよね。


エレベーターが開くと道明寺のSPさんが待機していた。


道明寺が疼くまっているけど、皆さん動じない。


あたしが実は"くノ一"か"女スパイ"だったらどうするの?


「道明寺、着いたよ。ほら。」

手を差し出す。


道明寺は手を取りながら、もう片方の手で口元を手の甲で拭った。


「お前、口紅がスゲー事になってるぞ」


今度は蹴りをお見舞いしておいた。










「スッゴー。キレー!ふんっ!おっ、重っ!」


「何、してんだ?」

呆れた顔でこっちを見ている。


「いやー、重そうだなって思ってさ。びくともしないね」


クハハハハハ


「この部屋の家具、全部同じ所で作って貰ってる。"仮眠室"も見てみるか?」


高級家具のショールームそのもの。

恐らく、全部一点ものだ。


道明寺の言葉に甘えさせて頂いて、お部屋探検。


何で、仮眠室にミニキッチン?


恐らく、8畳もあるバスルーム。

何で判るか?

進の部屋と同じくらいだからよ!


んでもって、ベッド。

この広さいりますか~?


あえて、ベッドの話には触れない。


あたしも馬鹿じゃない。

記者会見まで2時間切ってる。


ここから、早く出よう。


執務室に戻ると、コーヒーが置いてあった。

道明寺はソファーにゆったりと腰かけて、背もたれに身体を預けていた。


コヤツの近くにいるのも危ない。危ない。


反対側のソファーに座る。

コーヒーに砂糖とミルクをたっぷり。

これが美味しい~。

ペロッ、

あたしが、砂糖2個目を入れようとしたら"ウゲッ"と変な声が。

入れないわよー!

下っ腹にちょこっとお肉が付いちゃったからね。

入れません。

それでも美味しいって飲むのを怪訝そうに見ている。


「このソファー、座り心地凄くいいね。革が柔らかいのに何か重厚だし」

「だろうな。この革になるために飼育されている牛から作られているからな」

「へぇっ?!ソファーとか、椅子の為に育てられてるの?」

「勿論、でなけりゃ作り手も納得出来るモノが作れないだろ?」

「何か、可哀想」

そう言って、撫でる。

「何で?お前、牛肉食べるだろ?」

「そりゃ、食べるよ(今日も食べたし)。でもさ」

「食べる為に人に殺される。モノを作る為に殺される。俺にはどっちもかわんねーけどな。こうして、ソファーになって、人に何十年と撫でて貰えるしな。牛からしてみればどっちがいいと思う?」


あたしが牛だったら、食べられてなくなるよりも何か身体の一部を残してほしいけど。

アレ?

でもさ、食べないともったいない。

アレ?

こっち側のどちらもエゴ?


「あんまり、難しく考えるな。これを全く禁止したら、この繊細な職人の仕事が未来永劫消えてしまう。いろいろな考えがあっていいんじゃね?」


何か、いいこと言った?

ふふっ。


「何だよ?あーでも土曜日に来て正解。久しぶりに休めたわ」


あっ、それそれっ!


「アンタ、お母様が日曜日に一緒にプライベートジェットに乗るのに、無理言って1日早く出て来たんだって?聞いたよー。これで経費も嵩む事になるからって」

「はぁ?初めから俺を広告塔にするつもりだったんだろう。んなの後付けの言い訳だろうが」

「でもさ、凄く費用かかるでしょ?」

「あのな、ジェットの燃料の"ケシロン"ってシンガポール市場の価格で扱ってんの。これが1リットル=約55円。車のガソリンの半分以下な訳。車で移動出来る距離なら飛行機の方がお得なんだよ」

「えっ、そ、そうなの?でもさ、人件費だって掛かるでしょ?」

「そりゃな。んでも臨時ボーナスとして支給するし、それも志願者を優先に人選している。まっ、所謂ウィンウィンってヤツだな」


なんだかんだ話して議論している。

道明寺が考えている事とか、ただの我が儘で動いていないってわかる。

凄いなって思ったら、何かちょっと嬉しくなった。

へへへっ、


「何だよ。気色悪ぃ」

そう言って笑った。


「価値観が違うことがいいんだ。同じならもう一方の見方が出来ないからな。今日のストラップも俺の発想だと思いつかねーからな。お前、スゲーよ。

同じだったらつまんねーよ。違うから求めんだろうが。自分と違うものをさ」


道明寺と目が合う。

見つめないで。

恥ずかしくて、思わず立ち上がった。


「この、デスクさー、凄く綺麗」


「そうだろ?鏡面加工されていて鏡みたいになっているだろ。世界中から銘木が選ばれてこの美しい形になる」

「木のエリートか」

「そうゆう木もあるけど、節があったりする何ともない木も磨き上げられ銘木になることも大いにある。人も木も同じだな」


「椅子に座ってみていい?」

「あぁ、座ってみな」


凄く座り心地がいいんだ。

毎日これからここに道明寺が座るんだね。

気持ちいい…









何か、スースーするし…


一瞬で寝落ちした。


気づくと道明寺の頭があたしの胸元にある。


えっ、な、何、ここって、仕事場だよ。


しかも、社長の椅子に座ったままですよー!











ここで最後まであったらダメでしょ?

彼女と仕事 23

彼女に会える




きっと会える









あのサラサラの黒髪









漆黒の潤んだ瞳










細い手首










乳白色のキメの細かそうな肌









触れたい



抱きしめたい



暖めてほしい



今日は会えないと思っていた。



神様が贈り物をくれた。










優しい微笑み









手を振る仕草









自分だけにくれたんだ……。





誰にも見せたくないよ……。
























「今日は1日ありがとうございます」

司は社長の楓に挨拶をと、秘書の西田に再三言われた為、楓の執務室を訪れている。


「それと、これから私事のお話をさせていただきます。よろしいですか?」

「何でしょう?」

「牧野と婚約について、1月の俺の誕生日パーティーで会見を開くことを了承してもらいたい」

「牧野さんはご存知なのかしら?」

「土曜日に会ったときに伝えた。来年の7月には挙式も考えている」

「あなたの騙し討ちのようなやり方ではなくて?きちんと彼女がお受けすると言ったのかしら?」

司は言葉に詰まった。

「あの子のことです。もし本当に結婚を承諾したのであれば、私や総裁に挨拶も無しに過ごすなんてことは考えられないのですが」

「アイツだって、俺と一緒になるって考えているはずだ」

「仮に考えているとしましょう」

「仮じゃねー!」

その言葉に楓は、フーと深く息を吐く。

「きちんと彼女が受け止めて考えたことなら私や総裁も話を聞きましょう。話はそれからです」

「アイツが結婚をしたいと言えば、反対はしないと云うことだな?」

「彼女が望めばですが」

司は今の言葉で一気に眉根に力が籠る。

楓は司に、

「何を焦っているのですか?彼女の首に縄を付けて結婚式に挑む気ですか?」

ゆっくりと話す。

黙って聞いていた司は、"チッ"と舌打ちをして踵を返した。

扉に手を掛けたとき、

「司さん、あなたアメリカにガールフレンドがおりますでしょ?明日の飛行機でこちらに着くそうよ。大学の秋休みの短い期間だけ日本に来たいと連絡が入っていますよ」

楓の言葉にびっくりして振り返る。

「アメリカにガールフレンドなんている理由がねぇ!誰だ、そんな事言ってくるヤツは!」

「ウィルソン氏よ。伝えましたからね」


扉を盛大な音を立てて出ていった息子の後ろ姿に、

「あなたの誕生日までに皆が答えを出せると良いのですけどね」

そう語りかけた。
















お風呂にお湯を張る。


大好きな柑橘系の入浴剤を入れよう。


服を脱いで洗面台の鏡に自身の姿を映す。


白い肌に無数に散らばる赤い印し。



この印しが付けられる度にいつも心が締め付けられた。







今日は?





『全く価値観が違うって、改めて思ったわ』

『飛行機のことか?ソファーのことか?』

『どっちもよ。どっちも』







価値観が違うことがネックになるとずっと思ってた。











手をしっかりと繋いでくれて安心した。










道明寺との初めての夜

時間が来て帰るアイツに

振り向かないで 出ていってよ

振り返ったら許さない

そう言った


アイツが扉に手を掛けたとき

涙が止まらなくて声を押し殺した


振り返るなって言ったのに

駆け寄ってまた抱きしめてくれた



"必ず戻る

絶対にだ

お前の元に必ず"




会うたびに肌を重ねて

その度に愛された印を指でなぞる



消えていく印を見ては

自分が忘れられていくような錯覚に落ちた



二の腕の印しに

消えてしまわないようにと自身で

再度印を付けた

何度も




狂ってる





あたしは

アイツに

頭の中を

支配されている







今はどうなんだろう?


お湯の中に入る。


頭も全部。






何の音もしない。


自身の鼓動だけがそこにあった。







無になっていく

彼女と仕事 22

「もしもし、つくし」

"どうしたの?"

「何か、桜子ちゃんと滋さんから全然繋がらないって、連絡入ったからさ」


松岡優紀はベッドに横になりながら親友のつくしに電話を入れている。


"あっ、ごめんね…。相変わらずの充電切れでして…。そういえば、メール入っていたなって思ってONのしたら優紀からの電話って訳でさ"

「そっか。今、どこ?」

"自分の部屋?でいいのかな。何か、家族がいる1階が家って感じだけど、5階のこのエリアは広いけど、部屋って感覚なんだよね"

「いいんじゃない?その感覚は間違ってないよ。だって、あそこ全部つくしのマンションじゃん」

おどけたように言った。


"もう、優紀ー?クスクス。何かさー、アイツが帰って来てからまだ3日なのに何ヵ月も一緒にいる気がするんだけど"

「それだけ、ラブラブだったって事だ~」

"はっ?な、何言ってんの!もう…"

「いいじゃない、今まで普通に1日デートとかほとんどないでしょ?付き合ってる期間は長いけど、会った回数なんて1ヶ月分あるの?」

"そうなのよ。最初の1年、2年なんか合わせても7回だからねー。3年目の秋からようやく2ヶ月に1回とかだしね"


「離れていても心は離れずか」

天井をじっと見つめて話す。


"そうなの?"

「そうでしょ。久しぶりなのにそれを感じさせない。やっぱり好きだなって思っちゃう。でしょ?」

"うーん、まぁ、ねぇ、そうなるかな~?"

「何よー、もう、あー、羨ましい。幸せ分けてよ」

そう言いながら、ガバッと身体を起こす。


"何かあったの?"

「西門さんと食事に行ったけど、途中からまずい所でご飯食べたな~って思ったんだよね」

"まずい所って?"

「無性に貝が食べたくて貝料理のお店にしたんだけどさ」

"ウンウン、好きだもんね。貝"

「うん、貝って何かグロテスクでぬめっていて、何かさ、その」

"うん、ちょっとね。言いたいことはわかった"

ぷーっぷっぷっ。

優紀は笑いを堪える。


"何よ~"

「いやさ、つくしも大人になったなってさ」


ぶっ、

ふはは、

あはははは。


二人同時に吹き出す。


"もう、それで?"

「仕事の事を真剣に聞いてくれた。嬉しかった。どんどん話してたら桜子ちゃんがあたしに言ってくれた、プロとしてアドバイザーに将来なってほしいって事まで言っちゃったんだよね」

"西門さん何て?"

「何も言わないで笑ってくれた。目は真剣だった」

"うん"

「わたしは、今は自分が選んだ道をしっかり進みたいって思って、気持ちを伝えたんだ。西門さん、最初少しびっくりしてたけど、頷いてくれた」

"良かったじゃん。優紀の仕事もお茶の仕事も全然違うけどさ、相手を思いやったり心に触れたりするのは同じたよ"

「うん、西門さんもそう言ってくれたんだ」

"で、どうなった?"

「何が?」

"その、アレよ。アレ。あー、恥ずかしい。言うね。お持ち帰られた?"

「ううん、送られて帰った」

"うそ?!"

「ホント!」

"付き合ってとかは?"

「そういう会話は無し」

"桜子や滋さんにも話した?"

「桜子ちゃんが電話をくれた時に話したら、仕事と家庭どっちか一つ選べってなるかもですよって言われた。西門さん、本気ですよって。貝料理食べてサヨナラ、また明日って、どんだけ欲求を押さえたことかって言ってたけど、そう思ってていいと思う?」

"西門さんの全てを知ってるわけじゃ無いけど、ここ最近は女の人と一緒にいるとこ見ないし、聞かないよ。えっー、優紀、現実になるかもだよ。桜子もそう言ってる事だし"

「わたしはまだ、付き合ってもいないんだよ。わたしの話はおしまい。それよりもプロポーズされて二人きりの1日を過ごせた感想は?」

"えっ、何が?プロポーズ?"

つくしの言葉にベッドから立ち上がる優紀。

「つくし、プロポーズされたでしょ?土曜日に。みんなのいる前で。公開プロポーズ!!」

"公開?また公開されんの?"

「えっ、何か公開されたの?」

"あっ、イヤね。ちょっとね。てっ、えっ?!アレって、プロポーズなの?道明寺の願望とかでなくて?決定事項なの?"

「そうだよ!つくし、道明寺さんがつくしに伝えた後、お帰り、お帰りってつくしが言って、そしたらさ~、道明寺さんが抱きしめてさ~、結構長々抱きしめ合ってたよ。覚えているでしょ?こっちが恥ずかしくなるよ」


"………"


「つくし、ちょっと、大丈夫?」

突然黙ったつくしに優紀が焦る。


"ホントにホント?"

「だから、そうだって。あの飲んだ後に滋さんと帰ったんだけど、滋さんも7月に結婚式って言ってたし、西門さんに日曜日に会った時にも確認したら7月にあるってはっきり言ってたよ。つくしも道明寺さんの話聞いてたでしょ?」


"………"

「つくし、つくし、大丈夫?」

"ちょっと頭の中身整理してくるね。悪いけど、桜子と滋さんと類につくしは大丈夫ってメール送っておいて。類のとこ分かんなかったら桜子に伝えて貰って"

「う、うん。わかったよ」

"ごめん、お願いね"



















優紀ちゃんから食事に誘われた。

断る理由は特に無し。

というか、非常にラッキー。

今まで自分からガツガツ行ったことがないから、軽くあしらわれると、どうしたらいいのか全く分かんね。


自慢のハーレーに股がって後ろに乗せるのも考えたが、手でも怪我をしたら優紀ちゃんが仕事が出来なくなるとか、思っちまった。


そのなんだ、あれだけ頑張って取った資格だしな。

今、必死で技術を身につける時期なんだって言ってたし。

休みのごとに研修があって行けるとこは行かないとなんだって、笑ってたな。

お稽古とかにも顔を出したいけど、まだ難しいって。


「どう仕事。半年たったけど、慣れてきた?」

「凄く大変です。わたしって、もともとそんなに器用じゃないから仕事も遅いし、対応もキチンと出来ているか疑問です」

「そうか。優紀ちゃんが研修の時に俺に付いてくれたろ?知っているからだけじゃない、何と云うか安心感みたいなの感じたけど。そうゆう空気感も大切だと思うけどな」

「ありがとうございます。でも、やっぱり技術があってこそですよ」

優紀は目の前の刺身に軽く醤油を付けて、美味しそうに口に運んでいる。


で、どうしたらいいんだ?

話だけして終わり、送るがいいのか?


目の前に蠢いている食材に目を向ける。


誘っているのか?

これでホテルに誘うと、遊んでいるとかと思うのか?


くそっー、司の事を馬鹿にできねぇぜよ。

一般でいうとこの普通ってのが一番わかんねぇよ。


「西門さん、あれ、美味しそうですよね」

隣を見ると目がキラキラしている。

「そ、そうだよね。コリコリしているしね」


目の前にミル貝とアワビが丁度隣り合わせで蠢いてる。

俺にはもはや、男性器と女性器にしか見えないのだが…。


ミル貝の水菅と呼ばれている部分が伸びてアワビにくっ付きそう!

チラッと隣の男性を見る。あちらもカップル。

向こうもこちらを見た。

二人とも目が合うと、すっと正面を向く。


ヤツも同じ事を思ったな。

目を見れば解る。


それで興奮するって、中学生かって一人ツッコミ。


「アワビとミル貝、どっちが好き?」


もっと、気の利いた質問できなかったかー?


「わたしですか?みんなアワビって言うんでしょうけど、わたしは断然ミル貝です。あの先っぽと、中身の食感とか絶妙に違うから好きですね」

また、目がキラキラしてるよ。

コメントが卑猥と思うこと自体、中学生だっちゅーの!

「西門さんは、どっちですか?」

「お、俺?!」

「どうしたんですか?大きな声出して?」

周りを見ると皆が一斉に一瞬だけこちらを見るが、また、すぐに目をそらす。

お客の層が只のカップルだけでないと云うのは何となく分かる。

必要以上にくっついている。

貝でみんな欲情しているのか?

「ごめん、俺はアワビ」

優紀ちゃんは笑ってミル貝の水管の焼き物をオーダーした。


「桜子ちゃんが、出産が終わったら自身で事業を立ち上げるって言っているんですよ。わたしの資格と技術があるとプロからのアドバイザーとなっていいんだとか。」

「アイツは美容関係の仕事を立ち上げるって言ってたな。出産で予定が狂ったとか」

「でも、そうでもないみたいですよ。そのお陰で益々事業の幅が広がるって言ってます」

「優紀ちゃんの職業もその一つ?になるの?」

「桜子ちゃんが云うにはトータルボディーコーディネートだそうですよ」

冷酒に口を付ける。

「わたしも技術を磨いて手伝いたいって思ったんですよ」

凄く綺麗な瞳をしている。

この瞳を汚したり、この強い思いを無下に摘み取ってはいけない。


彼女の生きる道も認めなくては。



優紀ちゃんが俺に仕事を頑張りたいって言ってきた。


彼女の言おとしていることが何となくわかったよ。











それでもいいなら向かってこい!


だろ?