つくつくにっし

花より男子の二次小説です。司×つくです。他のカップリングも送り出します。クスッ、ウフッと、とにかく心が元気に。をモットーに書いていきます。あくまでも勝手な妄想の世界ですのでご了承ください

彼女と仕事 21

みんな。


ごめん。


できないや。


あたしを許して…


心配かけているのにね…


本当にごめんね。許してね…


許してくれるよね。あたしのこと…











優紀、


桜子、

滋さん。


そして、類。


ありがとうね。


あっちの世界へ旅立とうとしてます…。














意識か遠退く…













…メール見ているけどさ、携帯持ったまま意識が飛んでいくのよ。


瞬きしたその瞬間から、渡邉さんが付けてくれているラジオの音が完全に消えていてね。


所謂寝落ちってヤツを、さっきから何回も繰り返してるの…。


メール返すのって、其なりに頭を使うし、何より操作が全く慣れてない。

貰ってまだほんの2日ほど。

みんなよく操作出来るね…。

この操作を速く出来る事があたしに訪れるのだろうか?



ダメだ…。



寝ます…。














"…牧野様、牧野様…もう、着きましたよ…"


"牧野様…"




よ、呼んでる…。





「…牧野様のマンション前に着きましたよ」

今度は声だけでなく、身体を揺すられる。

女の人?


「あれ、ここは?」

「牧野様、ここはまだ車内です。運転手の渡邉ならここにおりますよ。牧野様のお体に触れるので私が起こしに来ました」

まだ、ボーッとする頭を何とか回転させる。

「SPの方ですか?」

「はい。初めまして。小宮と申します」

一礼をする。

すると、後ろから、

「山崎です。よろしくお願いいたします」

男性が声を出して一礼をした。



つくしは少しヨタヨタしながらも車から降り、

「牧野つくしです。仕事もお手伝いしていただける事になっていると西田さんからお聞きしてます。雑用等を頼む事が恐らく多くなるかと思います。よろしくお願いいたします」

垂直に腰を曲げるつくし。


それを見て、更にお辞儀を返すSP二人。


つくしがちらっと顔を上げるとSPたちが頭を下げているのが見える。

また、頭を下げ始めた。

SPたちも顔を上げようとしてもつくしが頭を下げているのを見てはまた下げるという事を永遠と繰り返しそうだ。

運転手の渡邉が、

「牧野様のお顔が上がらないとお部屋でお休みになることができませんよ」

笑顔で声をかけた。


つくしが頭を上げて、

「またやってしまいました。すみません。今はもう、下げませんから」

そう言って笑う。


運転手の渡邉が目頭を押さえる。

「えぇっー、どうしたんですか?渡邉さん」

つくしがオロオロすると、

「大丈夫です。牧野様、目にゴミが入っただけでございます。お気遣い為されませぬよう」

「ちょっと風が出てきましたもんね。運転、大丈夫ですか?家で少しお休みになっていって下さい」

その言葉に今度は渡邉がオロオロし始めた。

SPの小宮が、

「私どもSPが牧野様のお住まいの5階の空き部屋に交代で泊まり込みになります。今後はなるべく5階のお部屋でお休みになってください。渡邉は心配なら、私どもの部屋で休ませますので、心配要りませんよ」

そうつくしに告げた。


皆がエントランスに入る。

渡邉もつくしが休めと言うので一旦は入ることにする。

本当はゴミなど入ってない等と言えば駐車場から中に入るのが遅くなるのは目に見えてる。


「ちょっと、家族に顔を出してもいいですか?」

「勿論です」

ありがとうございます。そう言って普段皆で住んでいる、1階のお部屋に入って行った。







「ただいまー」

玄関に入り。リビングへと向かう。

「お帰りー、つくし!」

「ご飯、何?お腹空いたー。食べたら上で寝るね」

「何々、道明寺さんが来るの?お昼の会見、もうつくしが婚約者だって言ってたも同然だったのよー!」

「そうなんだ…。やっぱり。困るわね…」

「何が困るのよ。一刻も早く婚約者だって知ってもらった方がいいでしょ?」

つくしはリビングにある大きな低反発のクッションに鞄を置く。

「つくし、お帰りー」

「パパ、ただいま」

「そうだぞ、あたしが婚約者ですってもう名乗っていいんじゃないか?君にムチューってな。ねっ、ママ?」

「そうよ、それなのにお昼のワイドショーも途中から別の話に急に変わっててねー。今の6時のニュースだと、道明寺さんの就任の話題と携帯電話の話題のみで、アンタの事に全く触れないのよー。あちらのお母さん、つくしの事をまだ嫌っているのかしら?」

隣でパパか頷いている。

はぁっー、つくしは深いため息が知らず知らず出ていた。

「ねぇちゃん、幸せが逃げるよ。吸い込まないと」

その言葉に慌てて息を吸い込むつくし。

「お帰り、ねぇちゃん。多分、これからうちの会社が益々忙しくなるからあちらのお母さんが報道規制かけてくれたんでしょ?ありがたい事だよ。ねぇちゃんの仕事がマスコミに追われたら出来なくなるでしょ?父さんや母さんがねぇちゃんの代わり出来るの?通常の仕事もこれで増えることになったら、このマンションに商品を置くだけでは足りないんだよ。人手もいるし、倉庫もいる。支店だって作んないといけなくなるでしょ?」

「そ、そうなのか?」

「やったー。やったわねパパ!」

「ウンウン、会社が大きくなればつくしも肩身の狭い思いを味合うこともないもんな」

つくしは両親の言葉に眉根を寄せる。

「本当にわかってんの?!道明寺側からかなり力を貸して貰っているんだよ!今もそうよ!彼氏が女にやらせている副業だなんて思われたくないの!やれる時にチャンスを生かさないとなのよ!」

いきなり怒り始めたつくしに両親が黙る。



最近、夜は冷えるから肉じゃがにしたのと、ママ。

売れている商品を手前の運びやすい所に動かしたんだと、パパ。



疲れが出たのかな~?


両親の顔をみたら感情が爆発した。


無性にイライラしてどうしようもなくなった。








「ねぇちゃん、類さんからメール貰ったよ。ストラップ作るんだって?」

「進も携帯電話、新しいの貰ったんだ」

「うちの会社用に俺と、しのぶさん。あと、成宮さんのが配られている。ねぇちゃんが連絡取らないといけないからだって」

「そっか」

「うん」

「やっぱり、道明寺の力なんだよね…。あたしの力はそこにあんのかな…。道明寺の女ってだけで見られたくないよ…。あたしの言うことって、我が儘かな?」

「あのさ、確かにお金の出所だったり、その出所だってねぇちゃんだからこそ出てる訳でさ。取引先の斡旋は道明寺の名前でしてもらっているよ。でもさ、それから先は俺らが作って来たって、胸を張っていいと思うけどな。調子よく考えてもそこは良しとしてもらおうよ。ねっ」


グスッ、

ポロポロ。

あーっ、何よ。

弟よー!いつの間にー!


進が照れながら、じゃあ明日ねって、自室に行った。

進は大学に入って夏が終わる頃に初めて自室が出来て、"8畳もあるよ"って。スッゴく喜んでいた。




「パパ、ママ。今日から上で寝るね」

「そ、そうなの?」

少し、寂しそうだ。

「ごめんね、つくし。よくよく考えもしないで。ほら、キヨちゃんがさ~」

キヨちゃんとは青池和也君のお母さんで青池清美さんの事だ。

「桜子ちゃんと結婚したでしょ。青池家は今や会社も立派になって、其なりの名声があると思っていたけど、やっぱりお嫁さんに貰う時に、周りに身分違いとか言われたって言ってたの。キヨちゃんとこでもそうなんだから、家なんてどうしようって。単純に会社が大きくなればいいって思ってしまって」

「ママ…」

「本当にごめんな。つくし。50の年を越えたのにお金の管理も任せられない親なんて、恥ずかしいだろうけど、成るべく足手まといにならないように、やれる仕事はするからドンドン言ってくれよ」

「パパ…」


「つくし、あたしたちは何にも出来ないけど、アンタのどうしようもない感情を受け止めることは何時でもするからね」


ウンウン。

ホロホロ。


「そうだぞ、何時でも下に来ればいい」


ウンウン。

ボロボロ。


「我慢するんじゃないよ」












なるべく、ご飯は一緒に食べていい?

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。