つくつくにっし

花より男子の二次小説です。司×つくです。他のカップリングも送り出します。クスッ、ウフッと、とにかく心が元気に。をモットーに書いていきます。あくまでも勝手な妄想の世界ですのでご了承ください

初恋と嫉妬 3

ここはつくしの会社の休憩室。

つくしのたっての希望で、ここは簡易な畳が敷かれている。


まずいところを見られて、顔があげれないつくしは、体育座りをして顔を下に向けている。


「桜子…、あたしって、みんなから見て、どう?」

いつものつくしとは違って、か細い声で聞いてくる。

「先輩、そうゆう質問はやめましょう。どうゆう返事をしても今の先輩は受け付けませんよ」

暫くの沈黙の後に桜子が口を開いた。

「現実に道明寺さんが先輩を迎えに来て、改めて怖じけ付きましたか?」

その言葉につくしは、体育座りをした両肘に埋もれさせていた頭を持ち上げた。

「それも理由の1つなんですね。今更のような気もしますけど」

その言葉と共につくしはまた顔を両肘に隠す。


ふー、どいつもこいつも世話の焼ける…。

あっ、言葉使いが乱暴になってしまいましたわ。

全く、わたくしが妊婦だということを皆さん、お忘れではないですわよね?

マタニティブルーがすっかり吹き飛びますわよ。


「CM撮影に使用するパーカー作りのあたりはとても仲良くお過ごしでしたでしょうに」

「何で、知ってるの?」

またもやか細い声で聞いてくる。

「類さんが、その時の事をメールで実況してきたんですもの」

「……」

「道明寺さん、デザイナーの人たちが体のサイズを測るのを嫌がって、先輩にさせたそうじゃないですか?」

「そ、そうなるのかな?」








『てめぇ、俺様に気安く触わろうとすんじゃねー!ブス!!二度と近づくな!!』

司の怒号が響く。

スタッフとて、馬鹿ではない。

一番綺麗目の人が、お時間がありませんので、失礼しますと断りを入れてから司に近付いたのだ。

周りのスタッフが凍りつくように身を固くする。

『おいおい、只のサイズ測定だろう?それに、みーんな可愛い人たちだろ?』

ウィンクしながら話すのは総二郎。

『時間が無いんだからな。我が儘言うなよ』

そう諭すのはあきら。

『俺もしてほしく無いんだけど…』

『『る、類~。お前までそうゆう事を言うな!』』

何でハモれるの?って言いながら、ツボに嵌まったらしく、そこからはずっと笑いっぱなしの類。

『俺はぜってー、ゴメンだ!』

司は、置いてあるソファにドカッと腰を下ろした。

やれやれと顔を見合わせる総二郎とあきら。

こそこそと小声で話始める。

『おい、あきら。強力な猛獣使いさんはまだかよ?』

『もうすぐ来るだろう?今日、どうしても出たいゼミがあるとかで、終わったら速攻で来るってよ。恐らくごねて出来ない事になってるかもしんねーから、早く来いよってメール入れておいた』

『あいつ、見たか?』

『ばっちりだ。"閲覧済"って出てたわ』

『いい仕事したねー。あきらくん』

『まぁな。コイツのお守りなんて今更したくねー』

顎で司を指す。

暫くするとカツカツ、コツコツ、パタパタと複数の足音が聞こえてくる。

"どこですか~?"とか、"お願いしまーす"等と入ってくるまでに何人もの人たちと挨拶を交わしている。

『やっと来たか』

苦笑する総二郎。

『だな。1人じゃないのか?』

『牧野にSP付けているんだよ。まっ、牧野はSPという感覚で無くなっているけどね。仕事の手伝いをしているからかな。牧野も違和感なく接しているよ。西田さんも上手いことしたよね』

一昨日、牧野の所で花沢で扱っている商品を掲載していく話し合いをしたんだけど、牧野の秘書というか、片腕?みたいにしていたよ。と類は総二郎とあきらに聞かせていた。

『お邪魔しまーす。今回CM作成を担当させて貰っております、株式会社DooT(ドット)の牧野です。本日は私事で遅くなってしまいました。スミマセン』

入って来るなり、体を90°に折り曲げ、挨拶をするつくし。


『遅せーぞ』

ソファから立ち上がる司。

『サイズ、測ったの?道明寺?』

『まだ。お前を待ってた』

『ダメだよ。みんなを困らせたら』

『いいから、そう思うなら、測れ』

『もう…。イヤがって、怒ったりしてないでしょうね?』

『あっ、してねー』

『本当に?』

『あぁ』


つくしが道明寺の胴廻りを測ったりしている様は、周りからはどう見てもイチャイチャしているようにしか見えてない。

『何だ? あれ?』

総二郎は思わず指を指している。

『何だかな。つい今さっきまで部屋の温度が氷点下になったかと思ったら、今度は熱帯かよ。見てみろ。周りは完全にドン引きだ』

あきらの言葉に類はまた笑い始めた。


『まーきの。待ってたよ』

つくしに声をかける。

『類っ、遅くなってゴメンね。ほら、道明寺、ちゃんと腕を伸ばして…。類は終わったの?』

司のサイズを測りながら話を始めた。

『おい、ちゃんと俺を見ろ』

『もう。見てるでしょ。ちょっと、話をしてるだけ』

クスクスと類は笑いながら、

『ライオンを操るウサギ』

そう言って、ますます笑い始める。

『ピンクの可愛いセーター着ているし』

類がそう言って微笑むと、つくしは少し頬を染めた。

『あっ、そうか!ウサギか!類、ありがとう!ウンウン。良いかも。そうしよう』

『何だよ、牧野?』

類を誉めて、少しぶっきらぼうに聞く司。

『和也くんのを何にしょうか?って考えていてね。ウサギね。そうしよう。可愛いし、キャラにぴったり』

『牧野は最初は何を考えていたの?』

類が間髪入れずに聞いてきた。

『ハムスターにしようかって。和也くんのキャラを考えてさ。

ライオンとネコはこちらの劇団さんは得意中の得意じゃない?

絶対に入れたいって思っていたけど。もろにはまり役がいるじゃんね。

オオカミも合っているしね』

『1ついいか?何で俺はヒツジ何だ?』

あきらが怪訝そうに聞く。

『牡羊って、一見大人しそうに、見えるけど、怒ると手が付けられないって聞いたことがあって、イメージにあってるでしょ?』


あたしって、スッゴくナイスな選択している?


そう言ったら、道明寺は凄く嬉しそうに笑っていたんだ。

よく分かってんじゃねーかって。

頭を撫でてくれた。






「端から見ればかなりのイチャイチャモードで測定していたと、道明寺さんも先輩が来てから機嫌が良くなったって。類さんからは報告がありますよ」

「へっ?そ、そうなの?ま、まぁ、そんな感じで感じでサイズを測ったりしたんだ。和也くんのをそこでウサギに決めたりしてね」


ふーん、先輩はあの人の事に触れないんですね。


「あ、あのさ…やっぱり、あたしが相手だと道明寺と釣り合いが取れないよね?」

「容姿的にですか?そうですね。容姿的に云えばそうなりますか。先輩はクラスの女子の顔面偏差値で云えば、ベスト3には入れません。良くて5位か7位か。いや、もう少し下かと云うとこでしょう」

「だんだん、下がる?」

また、体育座りし始めた。

「ですが、男受けはたぶん良いでしょうね。華奢で色白。喋らなければ一見大人しいと思いきや、先輩を知ると目力が強く逞しさがある。ギャップ萌えしますね。顔も見慣れてくると凄く可愛いって云われるパターンの顔ですから」

「誉めてんの?貶してんの?」

「完全に客観的な総合的な意見です。容姿だけならかなり道明寺さんとは不釣り合いでしょうけど、彼の特有のパーソナリティスペースを考えれば、あの感覚に付き合えるのは、良くも悪くも鈍感な先輩くらいですよ」

「……」

「まぁ、世の中の女性は道明寺さんの上辺しか知らないですからね。羨ましいと思われても仕方ありませんよ」

「あの、でね…」

「はい」


つくしが、何か言いにくいのか言葉を濁す。


「あの、エレナさんが一緒に要らしていたんですよね?」

つくしは、いっそう目を大きく開けて、

「そ、そうなの…」


つくしはどう話したらいいのか迷っている。

エレナは何も悪くない。


「エレナが道明寺たちと現場入りしていて、エレナが言うには、道明寺が採寸するのを凄くイヤそうだったから、自分が測るのを手伝うって言ったら、断られたって。で、あたしが来たら出来て……」


あたしが部屋に入ったら、道明寺とエレナが一緒のソファに腰かけていて、少しドキッっとしたんだ。

道明寺がすぐに立ち上がって、採寸し始めたから気にもしなかった。

何で、あの時のそう感じたのか、違和感をもう少し考えなかったのかなって。

桜子が言うように鈍感だから、気づかなかった。

ううん、エレナはずっと道明寺邸に寝泊まりしていたんだからもっと早く気づくべきだったんだ。



エレナが道明寺を見つめていた。

あの目はきっとそうゆう事なんだ。

全然気づかなかった。

あのときに言われた事をもっと早く気付いていれば良かった。









エレナに言われたんだ。


人を好きになるのは自由だよね。って。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。